メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

副鼻腔炎+喘息を同時治療する戦略

吸入ステロイド経鼻呼出療法から生物学的製剤まで

 2019年07月02日 05:15
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 関西医科大学病院アレルギーセンター副センター長の小林良樹氏は第68回日本アレルギー学会(6月14~16日)で、好酸球性副鼻腔炎と喘息を合わせた好酸球性気道炎症に対する包括的なケアの有効性について自施設のデータを示しながら報告した。まず微粒子吸入ステロイド経鼻呼出療法から始め、コントロール不良ならば手術を行い、さらに再発性・難治症例には生物学的製剤で治療するというフローチャートを提示。具体的な患者適応や薬剤選択などについても踏み込んで説明した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  副鼻腔炎+喘息を同時治療する戦略

error in template: found but mtif was expected