メニューを開く 検索 ログイン

副鼻腔炎+喘息を同時治療する戦略

吸入ステロイド経鼻呼出療法から生物学的製剤まで

2019年07月02日 05:15

15名の医師が参考になったと回答 

 関西医科大学病院アレルギーセンター副センター長の小林良樹氏は第68回日本アレルギー学会(6月14~16日)で、好酸球性副鼻腔炎と喘息を合わせた好酸球性気道炎症に対する包括的なケアの有効性について自施設のデータを示しながら報告した。まず微粒子吸入ステロイド経鼻呼出療法から始め、コントロール不良ならば手術を行い、さらに再発性・難治症例には生物学的製剤で治療するというフローチャートを提示。具体的な患者適応や薬剤選択などについても踏み込んで説明した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  副鼻腔炎+喘息を同時治療する戦略

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520617 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外