メニューを開く 検索を開く ログイン

AD家族歴保有者は早期に記憶力低下

米・約6万人が対象のインターネット研究

 2019年07月03日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 アルツハイマー病(AD)の家族歴を有する高リスク者では、一般的なAD発症年齢である60歳代より40年も早い20歳代から記憶力の低下が認められた。米・Translational Genomics Research Institute(TGen)のJoshua S. Talboom氏らは、AD家族歴を有するAD発症高リスク者約6万人を対象に行ったインターネット上の記憶課題検査の成績を解析、その結果をELife2019; 8: e46179)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  脳・神経 »  AD家族歴保有者は早期に記憶力低下

error in template: found but mtif was expected