メニューを開く 検索 ログイン

バーチャルバイオプシーで皮膚がん検出

2019年07月04日 05:15

7名の医師が参考になったと回答 

 皮膚がんの診断では、皮膚組織の一部を採取する侵襲的な皮膚生検が行われる。米・Rutgers Robert Wood Johnson Medical SchoolのFrederick H. Silver氏らは、メスを使うことなく音の振動と近赤外光パルスを用いて、速やかに皮膚病変の深さと悪性か否かを判断する新たな装置"バーチャルバイオプシー"を開発した。詳細は、Skin Res Technol(2019年5月24日オンライン版)に発表された。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  バーチャルバイオプシーで皮膚がん検出

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520654 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外