メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心臓MRIでコカイン誘発性損傷を検出

心臓MRIでコカイン誘発性損傷を検出

 2019年07月05日 12:12
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 コカイン乱用は心臓に壊滅的な影響を及ぼすが、それには重度の急性発作を引き起こすものや慢性的に増悪するものがある。適切な介入のためにはこうした状態を鑑別することが不可欠である。イタリア・Sapienza University of RomeのGianluca De Rubeis氏らは、コカイン乱用誘発心臓損傷の心臓MRIによる評価に関する論文をレビューした結果、心臓MRIはコカイン乱用による心臓損傷を検出し、診断ワークフローにおいて重要な役割を果たすとRadiology: Cardiothoracic Imaging(2019年6月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大学入試への英語民間検定試験の導入、どうする?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心臓MRIでコカイン誘発性損傷を検出

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11520671 有効期限:11月末まで