メニューを開く 検索を開く ログイン

心臓MRIでコカイン誘発性損傷を検出

 2019年07月05日 12:12
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 コカイン乱用は心臓に壊滅的な影響を及ぼすが、それには重度の急性発作を引き起こすものや慢性的に増悪するものがある。適切な介入のためにはこうした状態を鑑別することが不可欠である。イタリア・Sapienza University of RomeのGianluca De Rubeis氏らは、コカイン乱用誘発心臓損傷の心臓MRIによる評価に関する論文をレビューした結果、心臓MRIはコカイン乱用による心臓損傷を検出し、診断ワークフローにおいて重要な役割を果たすとRadiology: Cardiothoracic Imaging(2019年6月13日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  心臓MRIでコカイン誘発性損傷を検出