メニューを開く 検索 ログイン

ペムブロリズマブ単剤で標準療法と同等のOS

進行胃・食道胃接合部腺がん、併用療法は優越性示せず

2019年07月05日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 進行胃・食道胃接合部腺がんに対する一次治療として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ±化学療法を標準化学療法と比較した第Ⅲ相の実薬対照ランダム化比較試験KEYNOTE-062から、ペムブロリズマブ単剤療法は、PD-L1 combined positive score(CPS)が1以上の患者では全生存期間(OS)に対する有用性は化学療法と同様で、CPS 10以上の患者では良好な影響を及ぼすことが示された。一方、ペムブロリズマブ+化学療法は、いずれのCPSの患者においてもOSで化学療法に対する優越性を示すことができなかった。同試験には日本も参加している。スペイン・Vall d'Hebron University Hospital and Institute of OncologyのJosep Tabernero氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31~6月4日、シカゴ)で発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  ペムブロリズマブ単剤で標準療法と同等のOS

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520697 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外