メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPD診断基準「1秒率70%未満」は妥当か

COPD診断基準「1秒率70%未満」は妥当か

米2万4,000例超のプール解析で検証

2019年07月08日 05:15

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © National Heart, Lung, and Blood Institute

 米国や日本の慢性閉塞性肺疾患(COPD)診断ガイドラインでは、努力肺活量(FVC)に対する1秒量(FEV1)の比率である1秒率(FEV1/FVC)0.70(70%)未満であることがCOPDの診断基準値とされている。このほど、米・University of Alabama at BirminghamのSurya P. Bhatt氏らは、このカットオフ値の妥当性を米国住民2万4,000例超を対象としたプール解析で検証した結果、FEV1/FVC 0.70の妥当性が確認されたとJAMA2019; 321: 2438-2447)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPD診断基準「1秒率70%未満」は妥当か