メニューを開く 検索を開く ログイン

COPD診断基準「1秒率70%未満」は妥当か

米2万4,000例超のプール解析で検証

 2019年07月08日 05:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © National Heart, Lung, and Blood Institute

 米国や日本の慢性閉塞性肺疾患(COPD)診断ガイドラインでは、努力肺活量(FVC)に対する1秒量(FEV1)の比率である1秒率(FEV1/FVC)0.70(70%)未満であることがCOPDの診断基準値とされている。このほど、米・University of Alabama at BirminghamのSurya P. Bhatt氏らは、このカットオフ値の妥当性を米国住民2万4,000例超を対象としたプール解析で検証した結果、FEV1/FVC 0.70の妥当性が確認されたとJAMA2019; 321: 2438-2447)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  COPD診断基準「1秒率70%未満」は妥当か