メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

成人の神経性やせ症、外在化モデルの効果は

 2019年07月08日 14:33
プッシュ通知を受取る

 青年期の女性に好発する神経性やせ症(Anorexia Nervosa;AN)は、肥満への極度の恐怖から食事を制限し、著しい体重低下を招く摂食障害である。青年期ANに対しては、家族をベースとする治療(family-based treatment;FBT)の有効性がランダム化比較試験により認められているが、成人期ANへの効果については明らかでない。名古屋大学病院精神科の田中聡氏は第115回日本精神神経学会(6月20〜22日)で、自施設で治療中の40歳代女性AN患者の症例を提示。FBTのように摂食障害の原因を心の外側に求める「外在化モデル」の効果とその限界について説明した。

…続きを読むには、新規登録またはログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

緊急時の感染症対応に強力な司令塔

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  成人の神経性やせ症、外在化モデルの効果は