メニューを開く 検索を開く ログイン

細小血管障害にPAD併発で下肢切断23倍

米・退役軍人12万人超の解析

 2019年07月09日 16:54
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 細小血管障害を有する人はそうではない人に比べ、障害の発生部位(網膜症、腎障害、末梢神経障害)、糖尿病または末梢動脈疾患(PAD)の併発にかかわらず、下肢切断のリスクが有意に上昇することが判明した。細小血管障害を有する人がPADを併発した場合、下肢切断リスクは23倍に上昇することも分かった。米・Vanderbilt University Medical CenterのJoshua A. Beckman氏らが、米国の退役軍人12万人超の解析結果をCirculation2019年7月8日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  細小血管障害にPAD併発で下肢切断23倍

error in template: found but mtif was expected