メニューを開く 検索を開く ログイン

AI活用でどう変わる? 未来の皮膚科医療

 2019年07月10日 05:10
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、人工知能(AI)という言葉がメディアなどで日常的に使われるようになり、その技術をいかに活用すべきかを議論する時期に来ている。医療分野においても例外ではなく、日本皮膚科学会はAI技術をいかに患者や医療者に還元するかを検討すべく、日本皮膚科学会は、日本医療研究開発機構(AMED)事業の一環として昨年(2018年)から皮膚疾患の画像データを集積している。第118回同学会(6月6~9日)では、東北大学大学院皮膚科の志藤光介氏がこのデータ集積の成果と、同大学で開発中のAIを活用した2つのプロジェクトについて報告し、皮膚科医療の未来を展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  AI活用でどう変わる? 未来の皮膚科医療

error in template: found but mtif was expected