メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  遺伝性角化症の最新治療や診断時のポイント

遺伝性角化症の最新治療や診断時のポイント

 2019年07月11日 14:25
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 皮膚の最も表面にある角層(角質細胞層)は、乾燥や機械的な刺激などから身を守る役割を担っている。この角層が厚くなり、皮膚表面が硬くなる角化症には、遺伝性の魚鱗癬や後天性の乾癬、毛孔性紅色粃糠疹などがある。小児の角化症は難治であり、病型や個体差、発症時期、進行速度などが非常に多様であるため、診断が難しい患者も少なくない。順天堂大学浦安病院皮膚科教授の須賀康氏は、小児の角化症のさまざまな症例を蓄積することが、病態解明や予後予測、遺伝カウンセリングを含めた治療に役立つと考えている。第118回日本皮膚科学会(6月6~9日)では、特に先天的な遺伝性角化症について病態を解説し、最新の治療や診断時のポイントなどを紹介するとともに、成長した患児の成人診療科への移行支援に関する取り組みについても報告。小児の遺伝性角化症への理解と啓発を訴えた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  皮膚 »  遺伝性角化症の最新治療や診断時のポイント

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09520655 有効期限:9月末まで