メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  精神疾患と睡眠障害の合併を客観的に評価

精神疾患と睡眠障害の合併を客観的に評価

 2019年07月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 うつ病、双極性障害、統合失調症などの精神疾患患者においては睡眠障害が多く認められるが、精神科実臨床では客観的指標による評価は行われていないことも多いという。名古屋大学大学院精神医学分野の岡田一平氏らは、同大学病院精神科で終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査を受けた患者を対象に、精神疾患における睡眠障害合併の特徴について検討した結果を、第44回日本睡眠学会(6月27〜28日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

介護脱毛(アンダーヘアの脱毛)が普及の兆し。推奨できますか?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  精神疾患と睡眠障害の合併を客観的に評価

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07520706 有効期限:7月末まで