メニューを開く 検索 ログイン

精神疾患と睡眠障害の合併を客観的に評価

2019年07月11日 05:00

18名の医師が参考になったと回答 

 うつ病、双極性障害、統合失調症などの精神疾患患者においては睡眠障害が多く認められるが、精神科実臨床では客観的指標による評価は行われていないことも多いという。名古屋大学大学院精神医学分野の岡田一平氏らは、同大学病院精神科で終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査を受けた患者を対象に、精神疾患における睡眠障害合併の特徴について検討した結果を、第44回日本睡眠学会(6月27〜28日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  精神疾患と睡眠障害の合併を客観的に評価

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520706 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外