メニューを開く 検索 ログイン

先天性心疾患でがんリスク2倍超

スウェーデン・24万例超のコホートを41歳まで追跡

2019年07月11日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 新生児の約1%で発症するとされる先天性心疾患(Congenital Heart Disease;CHD)。スウェーデン・University of GothenburgのZacharias Mandalenakis氏らが行った、24万例超を対象に41歳まで追跡した前向きコホート研究によると、健康人と比べてCHD患者では将来のがん発症リスクが2倍超であることが分かったとして、JAMA Netw Open2019; 2: e196762)に報告した。同氏らは「CHD患者を対象とした系統的がんスクリーニングが検討されるだろう」と述べている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  先天性心疾患でがんリスク2倍超

医師限定初回登録キャンペーン!
初めて会員登録いただいた医師会員には
500円分のポイント進呈!

※既に会員の方、過去に利用された方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520734 有効期限:5月末まで