メニューを開く 検索を開く ログイン

先天性心疾患でがんリスク2倍超

スウェーデン・24万例超のコホートを41歳まで追跡

 2019年07月11日 05:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 新生児の約1%で発症するとされる先天性心疾患(Congenital Heart Disease;CHD)。スウェーデン・University of GothenburgのZacharias Mandalenakis氏らが行った、24万例超を対象に41歳まで追跡した前向きコホート研究によると、健康人と比べてCHD患者では将来のがん発症リスクが2倍超であることが分かったとして、JAMA Netw Open2019; 2: e196762)に報告した。同氏らは「CHD患者を対象とした系統的がんスクリーニングが検討されるだろう」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  先天性心疾患でがんリスク2倍超