メニューを開く 検索 ログイン

睡眠困難は発作性AFの危険因子か

TAMAGAWA-AFより

2019年07月12日 05:10

7名の医師が参考になったと回答 

 近年、心房細動(AF)と睡眠障害は増加の一途をたどっており、医療経済への影響が懸念されることから、両疾患の予防を目的とした危険因子の探索が行われている。睡眠障害がAFのリスクを上昇させるとの報告もあるが、両者の関連についてはいまだコンセンサスが得られていない。こうした中、東京都世田谷区の玉川医師会では、地域住民を対象にAFと生活習慣との関連性についての研究TAMAGAWA-AFの一環として、AFと睡眠との関連について検討。池上内科循環器内科クリニック(東京都)院長の池上晴彦氏が、第44回日本睡眠学会(6月27〜28日)で結果を報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  睡眠困難は発作性AFの危険因子か

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520744 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外