メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

睡眠困難は発作性AFの危険因子か

TAMAGAWA-AFより

 2019年07月12日 05:10
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、心房細動(AF)と睡眠障害は増加の一途をたどっており、医療経済への影響が懸念されることから、両疾患の予防を目的とした危険因子の探索が行われている。睡眠障害がAFのリスクを上昇させるとの報告もあるが、両者の関連についてはいまだコンセンサスが得られていない。こうした中、東京都世田谷区の玉川医師会では、地域住民を対象にAFと生活習慣との関連性についての研究TAMAGAWA-AFの一環として、AFと睡眠との関連について検討。池上内科循環器内科クリニック(東京都)院長の池上晴彦氏が、第44回日本睡眠学会(6月27〜28日)で結果を報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  睡眠困難は発作性AFの危険因子か

error in template: found but mtif was expected