メニューを開く 検索を開く ログイン

間欠性跛行に痛みを伴わない運動療法を

完遂率、アドヒアランス率が従来法を上回る

 2019年07月12日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images monkeybusinessimages ※画像はイメージです

 末梢動脈疾患(PAD)の主な症状の1つである間欠性跛行に対しては、休息を挟みながら疼痛が現れるまで歩行する従来型の運動療法とともに、疼痛を伴わないさまざまなタイプの代替運動療法が機能や症状の改善などに有効であることが報告されている。一方で、運動プログラムの完遂率やアドヒアランス率については、従来型運動療法よりも代替運動療法の方が優れていることが、カナダ・University of TorontoのEdward Lin氏らが実施したシステマチックレビューで示された。同氏らは「痛みを伴わない運動療法も患者に選択肢として示すべき」と呼びかけている。詳細はEur J Prev Cardiol(2019年6月19日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  間欠性跛行に痛みを伴わない運動療法を

error in template: found but mtif was expected