メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  CAPOXは3カ月、FOLFOXは6カ月投与か?

CAPOXは3カ月、FOLFOXは6カ月投与か?

高リスクStageⅡ大腸がんの術後化学療法

 2019年07月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 大腸がんの術後補助化学療法で推奨される投与期間は原則6カ月とされてきたが、StageⅡ/Ⅲ大腸がん患者を対象にオキサリプラチン併用術後化学療法の至適投与期間(3カ月 vs. 6カ月)について検証した6件のランダム化比較試験のIDEA(International Duration Evaluation of Adjuvant chemotherap)統合解析の結果を受け、一部の患者では3カ月投与も治療選択肢となりうるのではないかと考えられている。そのような中、米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31~6月4日、シカゴ)では、IDEA統合解析に組み込まれた6試験のうち、高リスクStageⅡ大腸がんが登録されていた4試験の解析結果が報告され、高リスクStageⅡ患者では、6カ月投与に対する3カ月投与の非劣性は証明されなかったことが示された。さらに、オキサリプラチンベースの術後療法でも、CAPOX(カペシタビン、オキサリプラチン)では効果を維持しつつ毒性が軽減され、FOLFOX(フルオロウラシル、ロイコボリン、オキサリプラチン)では効果、毒性ともに低下するという、レジメンによる違いも示唆された。英国・University Hospital Southampton NHS Foundation TrustのTimothy Iveson氏らが報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  CAPOXは3カ月、FOLFOXは6カ月投与か?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520768 有効期限:8月末まで