メニューを開く 検索を開く ログイン

歩幅を広げることで認知症が予防できる!

 2019年07月17日 16:15
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

 予備軍も含めると患者数が860万人に上る認知症。その大半を占めるアルツハイマー型認知症は、いまだに有用な治療法が開発されていない。そのような中、歩幅を広げることが認知症の発症を抑制する上で有用である可能性が示されたという。『たった5センチ歩幅を広げるだけで「元気に長生き」できる!』を上梓した国立環境研究所主任研究員(前:東京都健康長寿医療センター研究員)の谷口優氏に、認知症と歩幅の関係について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  高齢者 »  歩幅を広げることで認知症が予防できる!