メニューを開く 検索を開く ログイン

血液代替物質で大量出血死を救命できる

 2019年07月18日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 交通事故などによる外傷性大量出血の致死率は高い。防衛医科大学校免疫・微生物学講座准教授の木下学氏をはじめ、早稲田大学理工学術院、奈良県立医科大学の共同研究グループは、大量出血死に至るモデルウサギを作製。止血に働く血小板の代替物(止血ナノ粒子)と、酸素運搬を担う赤血球の代替物(酸素運搬ナノ粒子)という2種類の機能性ナノ粒子の救命効果を検討した。その結果、これらの機能性ナノ粒子が出血性ショックの救命蘇生に有効であることを世界で初めて示したと、Transfusion2019年7月1日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  血液 »  血液代替物質で大量出血死を救命できる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12520807 有効期限:12月末まで