メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  "態度の悪い外科医"は手術合併症が多い

"態度の悪い外科医"は手術合併症が多い

2019年07月18日 16:00

80名の医師が参考になったと回答 

 手術チームの信頼性やパフォーマンスは、チーム内で良好なコミュニケーションを取れるか、互いに尊敬、配慮し合えるかどうかで大きく変動する。米・Vanderbilt UniversityのWilliam O. Cooper氏らによる研究では、業務や同僚に対する態度が悪いなどの「医師に適さない行動」が同僚から多く報告された外科医は、そうでない外科医と比べ、術中・術後に患者が合併症を経験する割合が高いことが示された。詳細は、JAMA Surg2019年6月19日オンライン版)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  その他診療領域 »  "態度の悪い外科医"は手術合併症が多い