メニューを開く 検索を開く ログイン

フレイル+胃・食道がんに低用量化学療法

PFSは標準用量と同等、患者報告アウトカムも良好

 2019年07月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 進行胃・食道がんで、高齢、フレイル、またはその両方に該当する患者を対象に、薬物療法の至適用量を検討した世界最大規模の第Ⅲ相ランダム化比較試験GO2。標準用量から減量した最低用量投与群は、無増悪生存期間(PFS)において標準用量投与群に非劣性を示し、全生存期間(OS)は同等で毒性は少なく、評価ツールの総合治療効用(Overall Treatment Utility;OTU)も良好であるとの結果が示された。英・University of EdinburghのPeter S. Hall氏が米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31~6月4日、シカゴ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  フレイル+胃・食道がんに低用量化学療法