メニューを開く 検索 ログイン

放射性ヨウ素治療法でがん死リスクが上昇

米英・甲状腺機能亢進症患者1万8,000例超で検討

2019年07月22日 05:10

9名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国立がん研究所(NCI)のCari Kitahara氏らは、甲状腺機能亢進症の患者1万8,000例超を対象に放射性ヨウ素療法とがんによる死亡リスクの関連を検討。その結果、臓器吸収線量と乳がんを含む固形がんによる死亡リスクとの間に有意な用量反応関係が認められたとJAMA Intern Med2019年7月1日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  放射性ヨウ素治療法でがん死リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected