メニューを開く 検索 ログイン

欧州・2010~17年に梅毒が70%増加

2019年07月23日 17:20

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 欧州疾病対策センター(ECDC)は、2007~17年の欧州における梅毒の発生動向に関する報告書『Syphilis and congenital syphilis in Europe - A review of epidemiological trends (2007-2018) and options for response』を発表した。それによると、欧州連合(EU)加盟国および欧州経済地域(EEA)構成国では2010~17年に梅毒の報告が70%増加し、2017年には調査史上最高の3万3,000例超に到達。主に男性間性交渉者(MSM)で増加傾向が加速しているという。(関連記事「米・先天性梅毒が4年で倍増」「急増する梅毒、予期せぬ受診に学会が対応策」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  欧州・2010~17年に梅毒が70%増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520863 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外