メニューを開く 検索

前立腺がんホルモン療法で認知症リスク上昇

2019年07月23日 17:30

7名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 前立腺がんに対し、アンドロゲン除去療法(ADT)を受けた患者は、受けていない患者と比べて、その後にアルツハイマー病や認知症と診断される可能性が高まることが、米国の15万例を超える大規模な後ろ向きコホート研究から示された。米・University of PennsylvaniaのRavishankar Jayadevappa氏らがJAMA Netw Open(2019年7月3日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

患者に向かって糖尿病を「とうにょう」と呼ぶことは問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  前立腺がんホルモン療法で認知症リスク上昇