メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  DSM-5の精神医学診断に科学的根拠なし

DSM-5の精神医学診断に科学的根拠なし

2019年07月24日 05:00

50名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 精神障害に関する世界共通の診断用語と分類基準を提供する目的で作成された『精神疾患の分類と診断の手引き第5版(DSM-5)』に対して、「科学的根拠がない」とする否定的な見解が示された。英・University of LiverpoolのKate Allsopp氏らは、DSM-5の統合失調症やうつ病など5つの主な章を詳細に分析し、「DSM-5の診断基準には一貫性がなく主観的で、現在のDSM-5に基づく精神医学診断は、個別の精神障害を識別する手段として科学的な有用性に欠ける」とPsychiatry Res(2019; 279: 15-22)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  DSM-5の精神医学診断に科学的根拠なし