メニューを開く 検索を開く ログイン

結腸がんへのオキサリプラチン上乗せ効果

Ⅲ期大腸がんの術後補助化学療法

 2019年07月24日 05:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 StageⅡ/Ⅲの結腸がんを対象に、5-FU+ロイコボリンへのオキサリプラチンの上乗せ効果を検証したMOSAIC試験。このたび同試験に登録され組織が保存されていたstageⅡ/Ⅲ結腸がん患者の分子サブタイプとオキサリプラチン上乗せ効果との関連性が検討され、Colorectal Cancer Assigner(CRCA)分類1)のstem-likeサブタイプでは上乗せ効果が得られないことが明らかになった。既にNSABP C-07試験(以下、C-07試験)2)で示されていた関連性をあらためて検証したもので、これらの患者に対する新たな治療法の必要性が示唆された。米国臨床腫瘍学会(ASCO 2019、5月31~6月4日、シカゴ)で米国・NSABP/NRG OncologyのKatherine L. Pogue-Geile氏が報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  結腸がんへのオキサリプラチン上乗せ効果