メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  夏~秋に要注意、致死的な2つの感染症

夏~秋に要注意、致死的な2つの感染症

世界初、日本紅斑熱とツツガムシ病の病像の違いが明らかに

 2019年07月24日 18:57
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 日本紅斑熱をもたらすフタトゲチマダニ© Getty Images ※画像はイメージです

 ダニが媒介する感染症の日本紅斑熱(Japanese Spotted Fever;JSF)やツツガムシ病(Scrub Typhus;ST)は、治療が遅れると死亡する恐れがあり、国内でも毎年死亡例が確認されている。しかし、両疾患の詳細な違いは明らかでなかった。長崎大学大学院/亀田総合病院(千葉県)総合内科部長代理の山藤栄一郎氏らは2004~15年に医療機関を受診した両疾患患者約200例分のデータを解析し、JSFは春~秋、STは晩秋に多く発症するなど、それぞれの特徴を世界で初めて明らかにした。これから秋にかけて両疾患のリスクが高まるため、予防や早期受診の必要性を訴えている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  夏~秋に要注意、致死的な2つの感染症

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08520890 有効期限:8月末まで