メニューを開く 検索を開く ログイン

就床90分前の入浴で睡眠の質が改善

受動的身体加温のシステマチックレビューとメタ解析

 2019年07月24日 17:58
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 睡眠改善のため、就寝前に温かいお湯のシャワーを浴びたり、入浴することで身体を温める受動的身体加温が推奨されている。米・University of Texas at AustinのShahab Haghayegh氏らは、システマチックレビューとメタ解析を行い、睡眠改善には就寝時刻のどのくらい前に入浴するのが最も効果が高いかを検討した。その結果、就床90分前の入浴は睡眠の質を有意に改善することが明らかになったとSleep Med Rev2019; 46: 124-135)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  就床90分前の入浴で睡眠の質が改善

error in template: found but mtif was expected