メニューを開く 検索を開く ログイン

オーソモレキュラー医学会が初総会

エビデンスある栄養療法を普及へ

 2019年07月25日 13:19
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 栄養素の適切な摂取により疾患の予防や治療を行う栄養療法「オーソモレキュラー医学(Orthomolecular Medicine)」。ギリシャ語で「正しい」を指すオーソ(Ortho)と、英語で「分子の」を意味するモレキュラー(Molecular)を組み合わせた、1960年代に米国で誕生した比較的新しい領域だ。このほど、第1回日本オーソモレキュラー医学会総会(JSOM、7月20〜21日)が東京で開催され、同学会代表理事の柳澤厚生氏が「オーソモレキュラー医学未来構想」をテーマに講演。エビデンスに基づく栄養療法を国民に広めるなど、5年後、10年後のビジョンを提示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  学会レポート »  オーソモレキュラー医学会が初総会

error in template: found but mtif was expected