メニューを開く 検索 ログイン

大気汚染長期曝露で冠動脈石灰化リスク増

中国8,000人超の解析

2019年07月26日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University at BuffaloのMeng Wang氏らは、中国人8,000例を対象に中国における大気汚染と冠動脈アテローム硬化の関連を検討。その結果、微小粒子状物質(PM2.5)と二酸化窒素(NO2)への長期曝露により、冠動脈アテローム硬化の指標である冠動脈石灰化(CAC)スコアの上昇が認められたとJAMA Netw Open2019; 2: e196553)に発表した。(関連記事「大気汚染による死亡数、喫煙を上回る」「基準値下回る大気汚染でも死亡リスク上昇」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  大気汚染長期曝露で冠動脈石灰化リスク増

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520851 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外