メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  絶食時間を長くすると食欲が低下

絶食時間を長くすると食欲が低下

米国研究

 2019年07月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 夕食を早い時間に済ませ、1日の中で食事に費やす時間を制限するEarly Time-Restricted Feeding (eTRF)という減療法をご存じだろうか。米・Louisiana State University's Pennington Biomedical Research CenterのEric Ravussin氏らは、eTRFは脂肪を燃焼させる作用以上に食欲の低下を推進して体重の是正に寄与するとのクロスオーバーランダム化比較試験の結果をObesity2019; 27: 1244-1254)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  絶食時間を長くすると食欲が低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520915 有効期限:10月末まで