メニューを開く 検索を開く ログイン

ヘルスリテラシー向上にエンタメの要素を

第2回セルフメディケーションの日シンポジウム

 2019年07月29日 05:05
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 超高齢社会に伴う医療費の増加が懸念されている。団塊ジュニア世代が65歳を迎え高齢者人口がピークに達する2040年には、現在の40兆円から70兆円まで膨れ上がるとも予想され、政府は削減策の1つにセルフメディケーションを推進している。こうした背景の中、7月24日の「セルフメディケーションの日」に開かれたシンポジウム(主催:日本OTC 医薬品協会)において、東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)機構長の池浦富久氏は「国民のヘルスリテラシー向上にはエンターテインメントの要素や趣味、嗜好性にアプローチするといった工夫が必要」と述べた。同シンポジウムから5人の講演を紹介する。

23896_pho.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  ヘルスリテラシー向上にエンタメの要素を

error in template: found but mtif was expected