メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  乳がん治療後の脱毛と発毛の実態

乳がん治療後の脱毛と発毛の実態

アピアランスケア最前線

 2019年07月30日 05:10
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 がん化学療法に起因する頭髪の脱毛は患者のQOL低下につながり、治療意欲を低下させて治療成否に大きな影響を及ぼしかねない。また、厚生労働省の調査によると、患者の58.1%ががん治療による外見の変化を経験しており、近年、「アピアランスケア」の関心が高まっている。群馬大学病院乳腺・内分泌外科診療教授の藤井孝明氏らは、乳がん周術期化学療法時の脱毛を含めた有害事象について前向き観察研究を実施し、その頻度や程度、経過について第27回日本乳癌学会(7月11~13日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  乳がん治療後の脱毛と発毛の実態

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10520917 有効期限:10月末まで