メニューを開く 検索を開く ログイン

感染症予防のため失った遺伝子機能が仇に

 2019年07月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 200万~300万年前に人類が感染症から逃れるために機能を喪失した遺伝子が仇となり、動脈硬化を発症しやすくなっている可能性が濃厚になってきた。この遺伝子を欠損したマウスに現代人の食事に近い高脂肪食を与えるなどしたところ動脈硬化が進展し、この仮説が支持された。筑波大学の川西邦夫氏らが米・University of Californiaと共同で研究、Proc Natl Acad Sci USA2019年7月22日オンライン版)に報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  感染症予防のため失った遺伝子機能が仇に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12520939 有効期限:12月末まで