メニューを開く 検索を開く ログイン

食品塩分の規制緩和で心疾患と胃がん増加

 2019年08月02日 05:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・Imperial College LondonのAnthony A. Laverty氏らは、英国国民における塩分摂取量の動向を解析した結果、2003〜10年は毎年着実に塩分摂取量が減少していたが、2011年に食品の塩分含有量に関する規制が緩和されて以降、減少傾向が鈍化していることが判明したとJ Epidemiol Community Health(2019年7月18日オンライン版)に発表した。それによって心血管疾患(CVD)と胃がんが増加しているという。

…続きを読むには、ログインしてください

ワンクリックアンケート

コロナ診療に従事する覚悟は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  健康・公衆衛生 »  食品塩分の規制緩和で心疾患と胃がん増加