メニューを開く 検索を開く ログイン

好酸球数が治療後の喘息抑制と関連

IL-5標的の生物学的製剤投与で

 2019年08月05日 05:00
プッシュ通知を受取る

 難治性喘息の約半数は、気道の好酸球性炎症を伴う好酸球性喘息といわれている。近年、日本でも好酸球数減少効果が期待される生物学的製剤メポリズマブ、ベンラリズマブが使用できるようになった。順天堂⼤学呼吸器内科准教授の原田紀宏氏は、第68回日本アレルギー学会(6月14~16日)で自験例を紹介し「メポリズマブ投与前の末梢血好酸球数は、投与1年後の喘息症状の抑制と関係する可能性がある」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  好酸球数が治療後の喘息抑制と関連