メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

透析患者の医療費を節約する服薬指導とは

 2019年08月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 2017年度の日本の医療費は42兆2,000億円に上り、さらなる高齢化が進展する中、早急な対策が求められているのは周知の通りである。また、透析患者も年々増加し、2017年には約33万人に達した。透析患者は高齢化や薬剤の多様化のため服薬アドヒアランスが低い傾向にあり、症状のコントロールという観点だけでなく、医療費の無駄という面からも残薬が問題となっている。そこで、松原徳洲会病院(大阪府)腎・透析センター看護部の長尾剛志氏は、同院の透析患者を対象に残薬調査を実施。第64回日本透析医学会学術集会(6月28~30日)で結果を報告し、アドヒアランスを向上させ医療費の削減につながった取り組みを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  腎・泌尿器 »  透析患者の医療費を節約する服薬指導とは

error in template: found but mtif was expected