メニューを開く 検索を開く ログイン

ニボルマブ治療で5年生存率大幅改善

 2019年08月06日 16:59
プッシュ通知を受取る

29名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 抗PD-1抗体ニボルマブ治療による進行メラノーマ、腎細胞がん(RCC)、非小細胞肺がん(NSCLC)患者の5年生存率は、従来の全身療法からの予想を大幅に上回ることが、第Ⅰ相試験(CA209-003)の二次解析から示された。同試験は、ニボルマブの反復投与の効果を検討した初の試験。米・Johns Hopkins Bloomberg-Kimmel Institute for Cancer ImmunotherapyのSuzanne L. Topalian氏らが、JAMA Oncology(2019年7月25日オンライン版)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  ニボルマブ治療で5年生存率大幅改善