メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

肝細胞がんに世界初の画期的治療

 2019年08月08日 05:05
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 肝細胞がんは難治がんの1つである。中でも、中等度進行期に相当する多発・大型肝がんは、進行がんや末期がんに移行しうる重要なステージであるにもかかわらず、有効な標準治療が確立されていなかった。近畿大学消化器内科主任教授の工藤正俊氏らは、多発・大型肝がん患者に分子標的薬レンバチニブを先行投与した後、標準治療である肝動脈塞栓療法(TACE)を追加するという新規治療法「レンバチニブ先行TACE治療」を考案。従来のTACEと比較して生存期間が約2倍延長することを世界で初めて示したと、Cancers 2019; 11: pii: E1084)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  肝細胞がんに世界初の画期的治療

error in template: found but mtif was expected