メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

海水浴で注意!クラゲ3種の毒性を比較

 2019年08月08日 10:39
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

23967_pho2.png

(写真左:Allen Collins、写真中・右:© Getty Images)

 刺胞動物の1種であるクラゲは、刺激を受けると刺胞から刺糸を発射し毒液を外敵に注入して麻痺させる。毒性が強いクラゲに刺されると、皮膚のただれや発熱を来し、呼吸中枢や循環中枢が麻痺して死に至ることもあるといい、海水浴シーズンにはいっそうの注意を要する。米・Pennsylvania State UniversityのAki Ohdera氏らは、地球上で最も有毒な生物といわれ、幅広い多様性を有するクラゲ亜門Acraspeda系統を構成するハコクラゲ(Alatina alata、写真-左)、サカサクラゲ(Cassiopea xamachana、写真-中)およびジュウモンジクラゲ(Calvadosia cruxmelitensis、写真-右)について、それぞれの特性および毒素を検討。3種のクラゲの新しいゲノム配列を見いだし、危険な毒素遺伝子を有する種をGigascience2019; 8. pii: giz069)に報告した(関連記事「海に潜む納豆アレルギーのリスクとは?」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  アレルギー »  海水浴で注意!クラゲ3種の毒性を比較

error in template: found but mtif was expected