メニューを開く 検索 ログイン

ガイドラインを精神科の実臨床で生かすには

EGUIDEプロジェクトが精神神経学会でワークショップ

2019年08月13日 05:00

3名の医師が参考になったと回答 

『統合失調症薬物治療ガイドライン』や『うつ病治療ガイドライン』など、精神科領域でも各種のガイドライン(GL)が存在するが、実臨床の中で十分に活用されているとはいえないのが実情だ。そこで、精神科医療におけるGLの普及と教育を目的に立ち上げられた「EGUIDEプロジェクト」では、定期的に精神科医を対象とした講習会を開催し、その効果について検討を行っている。第115回日本精神神経学会(6月20〜22日)で国立精神・神経医療研究センターの橋本亮太氏、兵庫医科大学の山田恒氏らは、同プロジェクトの一環として、架空症例を用いた少人数でのグループディスカッションを行うワークショップを開催した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ガイドラインを精神科の実臨床で生かすには

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD520922 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外