メニューを開く 検索 ログイン

米・心疾患と糖尿病の発症予防GLを改訂

中高年者に五大リスクの定期的スクリーニングを推奨

2019年08月15日 05:00

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国内分泌学会(ENDO)が動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)と2型糖尿病の発症予防ガイドライン(GL)改訂版『Primary Prevention of ASCVD and T2DM in Patients at Metabolic Risk: An Endocrine Society Clinical Practice Guideline』をJ Clin Endocrinol Metab2019; 104: 3939-3985)に発表した。新GLでは、ルーチンな診察の一環として心疾患と糖尿病の危険因子を定期的に評価するよう推奨しており、生活習慣の是正や行動介入を第一選択療法としている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  米・心疾患と糖尿病の発症予防GLを改訂

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521099 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外