メニューを開く 検索

膵癌診療ガイドラインが3年ぶりに改訂

切除不能膵がんへの化学療法、改訂ポイントを解説

2019年08月15日 18:00

5名の医師が参考になったと回答 

 先月(2019年7月)、『膵癌診療ガイドライン 2019年版』(日本膵臓学会編)が第50回日本膵臓学会(7月12~13日、会長=杏林大学腫瘍内科学教室教授・古瀬純司氏)の開催に合わせて3年ぶりに改訂された。今回、同学会はMinds(日本医療機能評価機構)と「特別支援プログラム」の覚書を取り交わし、「Minds診療ガイドライン作成マニュアル2017」にのっとり改訂作業を行ったという。第50回同学会の特別企画「膵癌診療ガイドライン2019-膵癌診療の進歩と明日への提言」では、特に改訂点が多かった化学療法の領域に関して、古瀬氏がここ数年のエビデンスが色濃く反映された一次化学療法を中心に各クリニカルクエスチョン(CQ)とステートメントについて解説した。ここではその一部を紹介する。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  膵癌診療ガイドラインが3年ぶりに改訂