メニューを開く 検索を開く ログイン

重症虚血肢の初回治療には血管内治療

米国の後ろ向きコホート研究

 2019年08月16日 18:02
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 重症虚血肢(CLI)は、末梢動脈疾患の中で最も重度の状態である。CLIに対する初回血行再建術として、低侵襲の血管内治療では、侵襲が大きいバイパス手術と比べて、下肢切断回避生存(AFS)率が高まると考えられる結果が、米国の後ろ向きコホート研究から示された。全死因による死亡率に差はなかった。米・University of California Davis Medical CenterのJonathan H. Lin氏らがCirc Cadiovasc Qual Outcomes(2019; 12: e005273)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  重症虚血肢の初回治療には血管内治療