メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ゲームやパソコンで軽度認知障害リスク低下

ゲームやパソコンで軽度認知障害リスク低下

2019年08月19日 17:42

3名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ©Getty images

 米・Mayo ClinicのJanina Krell-Roesch氏らは、軽度認知障害(MCI)を発症していない70歳以上の高齢者2,000例を対象に前向きコホート研究で、コンピュータの使用やゲーム、手工芸、社会活動などの知的刺激となる活動とMCI発症リスクの関連を検討。その結果、中年期~高齢期にこれらの活動を行った人ではMCI発症リスクの低下が認められたとNeurology(2019; 93: e548-e558)に発表した。活動の組み合わせや活動時期も関係するという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  精神疾患 »  ゲームやパソコンで軽度認知障害リスク低下