メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  血中のCa、リンを何が感知し調節する?

血中のCa、リンを何が感知し調節する?

徳島大・福本誠二氏が解説

 2019年08月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

 体内のカルシウム(Ca)の約99%、リンの約85%は骨に存在しており、血中のミネラル濃度は通常ほぼ一定に保たれている。徳島大学藤井節郎記念医科学センター分子内分泌学研究分野特任教授の福本誠二氏は、7月28日に開かれた日本骨代謝学会主催の教育講演で、Caおよびリン代謝に関する研究開発の変遷について解説。今春(2019年5月)同氏らの研究グループが報告した、リン代謝を調節する線維芽細胞増殖因子(FGF)23の濃度調節機構に言及した。(関連記事「【キーワード】FGF23」「低リン血症性疾患の 診断・治療

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

スマホ決済アプリ(PayPayなど)使った?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  血中のCa、リンを何が感知し調節する?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09521109 有効期限:9月末まで