メニューを開く 検索を開く ログイン

血中のCa、リンを何が感知し調節する?

徳島大・福本誠二氏が解説

 2019年08月20日 05:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 体内のカルシウム(Ca)の約99%、リンの約85%は骨に存在しており、血中のミネラル濃度は通常ほぼ一定に保たれている。徳島大学藤井節郎記念医科学センター分子内分泌学研究分野特任教授の福本誠二氏は、7月28日に開かれた日本骨代謝学会主催の教育講演で、Caおよびリン代謝に関する研究開発の変遷について解説。今春(2019年5月)同氏らの研究グループが報告した、リン代謝を調節する線維芽細胞増殖因子(FGF)23の濃度調節機構に言及した。(関連記事「【キーワード】FGF23」「低リン血症性疾患の 診断・治療

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  血中のCa、リンを何が感知し調節する?