メニューを開く 検索を開く ログイン

今秋にも登場?左心耳閉鎖システムを解説 

 2019年08月21日 17:29
プッシュ通知を受取る

12名の先生が役に立ったと考えています。

 WATCHMAN左心耳閉鎖システム(以下、WATCHMAN)は、非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の心原性脳塞栓症予防におけるアンメット・メディカルニーズを満たすものとして、この秋にもわが国での登場が見込まれている。国立循環器病研究センター病院心臓血管内科部長の草野研吾氏は、心原性脳塞栓症予防における課題とWATCHMANに期待される役割や展望について、第66回日本不整脈心電学会(7月24~27日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  今秋にも登場?左心耳閉鎖システムを解説 

error in template: found but mtif was expected