メニューを開く 検索を開く ログイン

ゲノム医療に求められる4つの基本倫理

 2019年08月22日 10:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 がんゲノム医療の急速な進展により関連する遺伝子異常の検出や機能の解明が進み、遺伝子変異に対応した治療薬が選択できるようになってきた。しかし、がんゲノム医療は高額であり、保険診療で実施するための適正使用に関してはさまざまな意見がある。第27回日本乳癌学会(7月11~13日)において、がん・感染症センター都立駒込病院外科(乳腺)・遺伝子診療科医長の有賀智之氏は、がんゲノム医療の実施について生命倫理学の4つの基本原則に照らして解説した(関連記事「がん遺伝子パネル検査の最新動向」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  ゲノム医療に求められる4つの基本倫理

error in template: found but mtif was expected