メニューを開く 検索を開く ログイン

働き過ぎの医師に救世主

タスク・シフティング

 2019年08月22日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 医師の働き方改革の一環として、医師以外の専門職に一部の医療行為を移管するタスク・シフティングが政府主導で推進されている。地域医療機能推進機構東京高輪病院外科医師の中村真衣氏は第74回日本消化器外科学会(7月17~19日)で、同院における診療看護師へのタスク・シフティングの実例を紹介。「特に、医師不足や過重労働が深刻な外科領域では、医療行為の分業化を進めることで状況の改善が望める」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  働き過ぎの医師に救世主