メニューを開く 検索を開く ログイン

日本の近視有病率を20年ぶりに調査

小中学生の80~90%が近視

 2019年08月22日 05:05
プッシュ通知を受取る

75名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 約50年前から世界的な近視人口の増加傾向が始まり、特にアジア系で多いことが知られているが、わが国における小児期の近視有病率は1990年代以降報告されていなかった。こうした中、慶應義塾大学眼科学教室(坪田一男教授)の研究グループは、東京都内の小中学生の近視有病率を調査し、その結果を約20年ぶりにJAMA Ophthalmol2019年8月15日オンライン版)に報告。近視有病率は小学生で約80%、中学生で約90%と高いことから、近視の増加傾向に対して警鐘を鳴らしている。また、近視とドライアイが関連する可能性も示唆された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  日本の近視有病率を20年ぶりに調査