メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

新GLで妊娠高血圧の有病率が7倍に

ACC/AHAガイドライン2017年の定義を使用

 2019年08月23日 05:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は2017年に新たな高血圧ガイドライン(新GL)を発表し、高血圧の定義を米国高血圧合同委員会第7次報告(JNC-7、旧GL)の140/90mmHg以上から130/80mmHg以上に引き下げた。一方、米国産婦人科学会(ACOG)は依然旧GLに基づき妊娠高血圧を定義している。このほど米・Brigham and Women's HospitalのJie Hu氏らは、中国人妊婦1万6,000人超の血圧測定値を新GLの定義で分類した結果、旧GLの定義を用いた場合に比べて妊娠高血圧の有病率が7倍程度に増加したとCirc Res2019; 125: 184-194)に発表。新GLが妊娠高血圧の評価に有用であることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新GLで妊娠高血圧の有病率が7倍に

error in template: found but mtif was expected