メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新GLで妊娠高血圧の有病率が7倍に

新GLで妊娠高血圧の有病率が7倍に

ACC/AHAガイドライン2017年の定義を使用

2019年08月23日 05:15

10名の医師が参考になったと回答 

 米国心臓病学会(ACC)と米国心臓協会(AHA)は2017年に新たな高血圧ガイドライン(新GL)を発表し、高血圧の定義を米国高血圧合同委員会第7次報告(JNC-7、旧GL)の140/90mmHg以上から130/80mmHg以上に引き下げた。一方、米国産婦人科学会(ACOG)は依然旧GLに基づき妊娠高血圧を定義している。このほど米・Brigham and Women's HospitalのJie Hu氏らは、中国人妊婦1万6,000人超の血圧測定値を新GLの定義で分類した結果、旧GLの定義を用いた場合に比べて妊娠高血圧の有病率が7倍程度に増加したとCirc Res2019; 125: 184-194)に発表。新GLが妊娠高血圧の評価に有用であることを示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新GLで妊娠高血圧の有病率が7倍に