メニューを開く 検索を開く ログイン

宿便による閉塞性大腸炎治療の難所とは?

 2019年08月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

 閉塞性大腸炎の原因の大半は大腸がんだが、まれに宿便に起因するケースが認められる。その場合、手術が遅れると敗血症を呈し死に至る可能性があるものの、手術の判断に関する一定の見解がないなど治療上の難所が多い。岡山赤十字病院(岡山市)消化器外科医長の竹原清人氏は、宿便による閉塞性大腸炎の治療方針について第74回日本消化器外科学会(7月17~19日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  消化器 »  宿便による閉塞性大腸炎治療の難所とは?

error in template: found but mtif was expected